水道修理で部品を交換

ヒビが入っていたり、穴があいていたりする場合は修理が必要になりますが、部品が劣化している場合は交換となります。ホームセンターなどで部品を購入して、自分で蛇口 交換できる場合もあります。自分で交換できないところは、水道業者に依頼しましょう。

■部品が劣化

水回りに使われている部品は、時間が経つと劣化してサビなどが目立つようになってきます。部品のまわりにサビが落ちているような場合は、交換のタイミングとなるでしょう。部品を交換するのには専門の道具が必要になりますから、部品を購入する以外に道具もそろえなければいけません。素人が修理できるのは、部品がまだ新しいうちです。古くなると部品が製造されていなかったり、販売されていないことがあります。

■メーカーの保証期間

メーカーは保証期間を設けており、期間内なら無料で交換してもらえます。メーカーは次々と新しい製品を作っていますから、何年も経つと製造中止になる部品が出てきます。部品が古くなると、どこのメーカーのものなのかわからなくなることもあります。メーカーで部品が製造されなくなる前に、交換しておくことが大切です。


■まとめ
家を建築してから10年ぐらい経つと、キッチンだけでなく浴室やトイレなどあらゆる場所の部品に劣化が目立つようになります。古くなった部品は形が崩れたり、穴がつぶれたりしますから、簡単に取りはずすのは難しくなります。そうなったら素人の手には負えませんから、ベテランの水道業者に依頼することになるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ