水道を修理する方法

水漏れの原因を突き止めるために、最初にすべてのパーツを分解する必要があります。分解するときに気をつけるのは、分解する順番を覚えておくことです。順番を覚えておかないと、組み立てることができなくなります。自分で水道 修理する場合は分解する前に、スマホなどで写真を撮ってから分解すれば、組み立てがやりやすくなるでしょう。

■パーツを分解

水道の蛇口の中には、コマやパッキンなどいろんな部品が入っています。組み立て方法としては、それぞれの部品には順番がありますから、上から順に部品をはずしていってください。劣化した部品があれば、そこから水が漏れるでしょう。部品が古くなっていると簡単にはずれませんし、力を入れすぎればほかの部品が壊れることがあります。劣化した部品を取り替え、水が漏れないか確認しましょう。

■パーツの組み立て方法

部品の劣化を確認して水漏れの原因がわかったら、部品を新しいものに交換してパーツを組み立て直します。もと通りに部品を組み立てて水漏れがなければ、作業は終了です。水漏れしているのは一ヶ所だけとは限りませんから、ほかのところからも水が漏れていたら、同時に修理して水を流してみれば直ったということになります。


■まとめ
水道のパーツを分解し終えて水漏れの原因がわかったら、劣化した部品を交換してもとの場所に組み立て直します。作業に慣れている水道業者であれば、水道の蛇口の交換程度なら1~2時間で作業が終了するでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ